君を夏に喩えた

雑食ヲタの備忘録

関数ドミノ/真壁薫という人物とは?

関数ドミノ、兵庫公演千秋楽観に行きました。
めちゃくちゃネタバレしているのでご注意ください。
先にネタバレでもどうでもない感想を書いておくと、千秋楽だったので最後のカーテンコールで紙吹雪が舞ってきたんですが何故か超大量でキャストの皆さんにドバーッ!ってかかってたのが超面白かったです。


STORY

とある都市で、奇妙な交通事故が起きる。
信号のない横断歩道を渡る歩行者・田宮尚偉(池岡亮介)のもとに、速度も落とさず車がカーブしてきた。
しかし車は田宮の数センチ手前で、あたかも透明な壁に衝突したかのように大破する。
田宮は無傷、運転手の新田直樹(鈴木裕樹)は軽傷で済むが、助手席に座っていた女性は重傷を負ってしまう。
目撃者は真壁薫(瀬戸康史)と友人の秋山景杜(小島藤子)、左門森魚(柄本時生)の3人。
事後処理を担当する保険調査員・横道赤彦(勝村政信)はこの不可解な事故に手を焼き、関係者を集めて検証を始める。
すると真壁が、ある仮説を立てるのだった。
その調査はやがて、HIV患者・土呂弘光(山田悠介)、作家を目指す学生・平岡泉(八幡みゆき)、真壁の主治医・大野琴葉(千葉雅子)をも巻き込んでいく。
はじめは荒唐無稽なものと思われた仮説だったが、それを裏付けるような不思議な出来事が彼らの周りで起こり始める――。

kansu-domino.westage.jp


真壁の仮説とは、森魚がドミノで事故の瞬間「田宮が助かるように」と願ったからだというもの。
ドミノとは本心で思ったことが現実に起きてしまう(ただしそれは期間があるため期間限定の神なのである)存在。
そしてその周りはドミノの犠牲になるかのように調整されていくということ。

事故の目撃者である森魚はそのドミノなのだという仮説を立て、真壁はエイズ感染者の土呂を送って実験をしていく。
破天荒な仮説だけど、数々の真壁の演説によりそれはなんとなく現実味を帯びてくる。
けれど真壁の主治医である大野が言うドミノ幻想(ドミノという存在を立て現実逃避をする)という考えも立てられ、ドミノは本当にあるのかどうか客席はどんどん翻弄されていき、そのハラハラ感が面白かった。

「治って欲しい」と森魚に思って欲しいとせがむことで土呂のHIVウイルスは消え、森魚はいよいよ本当にドミノであるかのように思えてくる。
でも結局ドミノは森魚ではなく、森魚がドミノであるようにと信じていた真壁自身がドミノだった(余談だけど、結構このオチは最初の方から読めたかも)。
願っていた、また信じていたものはとても近くに、むしろ自分にあった。
でも劇中にもあった通り、彼は今まで何かするに当たってどこかで諦めていた。
だから今まで気づかず、そこに偶然起きた事故で森魚という人物にドミノの可能性を見出だし、彼がドミノであるようにと信じたから森魚がドミノであるような出来事が起こってしまった。


最後、ドミノであることを信じられず錯乱する真壁により傷つき倒れた秋山のことを、ドミノで救えるのか救えないのかわからずじまいに幕は閉じてしまう。
劇中の人物は、真壁により最初受け入れなかったドミノという存在を受け入れやがて信じるようになった。
でも、最後になってその真壁がドミノを受け入れられなかった。
今まではドミノという存在によってネガティブな存在な自分をドミノの犠牲になった自分として肯定していたからではないか。
その存在だった自分が正反対のドミノになってしまったのだから、今までの自分が崩れ去ったようなものなのかもしれない。

きっと、ドミノということに気づいてしまってもその事実を受け入れられなかったらあのまま秋山のことは救えないだろう。
そして、もしかしたらドミノを受け入れられない時点で真壁はドミノではなくなるのではないだろうか。
この話で大切だったのは信じること、受け入れること。そして諦めないことだったように思う。
そして、どれもできず諦めてしまうなら真壁は最後の最後で本当のネガティブな存在になってしまうのだろう。
真壁はドミノという存在でもあり、ある種ドミノの被害者でもあると言ってもいいかもしれない。


「大切なのは信じること」現実にも通じる教訓のようなシンプルなそれを、SFの世界でかなりおもしろく表現されていました。
ちょっとゲスいけど自分をドミノの犠牲者として逃避する揺らぎのある真壁がそこにいて、瀬戸くんってすごい役者だなぁって思った。
あと、柄本さん演じる森魚のどこか飄々とした感じがまさに無自覚の「期間限定の神」のようでとてもはまり役だった。
あと山田くんの土呂。
森魚にエイズが治って欲しいと思うことを詰め寄るシーンは物凄く迫力があって、「狂信的」という言葉が合っていた。
その他のキャストさんもそれぞれのキャラクターに合っていて、かなり満足した舞台でした。

2014年版は2009年版、そして2017年版と違って救いがないらしいけどそれも観てみたいなぁ。
また再演があれば行きたいかも。
あと、他のイキウメ作品も観てみたい。

雨男たちのクリスマス

26日の公演観てきました。
何気に初めての朗読劇だった。


カフェで繰り広げられるクリスマスに纏わる小話…なんですけど、初台DOORSという小さなライブハウスでやるからこそのあったかさっていうのがありましたね。
ギターの生演奏も、芝居を邪魔しない程度に飾る感じで心地よかった。

お話は四つあって、その内三つは匠馬さん演じる磯貝の空想。
平田さん演じる男手一つで子供を育てるサラリーマンのお話、大薮くん演じる既婚男と不倫している男の子の話、平田さん大薮くん二人が演じる独身男たちの話。
そして最後、現実のカフェでの匠馬さん演じる磯貝の話。
この構成がちょうどいいバランスでよかった。
全部現実っていうのもちょっと重苦しい気がするし、かといって全部空想だとリアリティがなくてつまらないもんね。
あとその空想もどこか現実に繋がっているのが最後の話でわかるんだけど、それもまたよかったな。
空想も現実も全部あたたかい話で、心があったかくなりました。
最初は「クリスマス早くない?」って思ってたけど、なんか見終わった後は久々にクリスマスが待ち遠しくなった。


・平田さん
くたびれたサラリーマン似合うな~。
笑うと顔がくしゃってなるタイプに分類されると思うんですけど、それのおかげか余計似合ってた。
前彼を見たのは遠い夏のゴッホだったので結構やんちゃというか一匹狼みたいなおらついた役だったんですけど、今回は子育てに奔走する父親だったりももクロが好きな独身男だったりしたので、演技の振り幅がかなり大きいなって思いました。
そういやTRUMPでもクールな臥萬里おじさんと長崎弁ピエトロの演じ分けすごいな!と思ったわ。

大薮くんと二人でももクロ歌うシーンがあるんだけど、あの時のはしゃぎっぷり(?)よかったな。
大薮くんに「二番サビはぼくに!」ってサインする仕草とかが可愛くて思わず笑ってしまった。


・アイルくん
ナンバカのイベントで見たことあるけど、改めてめっちゃスタイルいいな!?
カフェのウェイタースタイルがとても似合っていました。
物語が終わったあとに訪れる現実の世界でしかほぼ出てこないので出番は結構少ないけど、演じているキャラクターとアイルくん自身が強烈(誉めてるつもり)だったのでかなり存在感がありました。

舞台の最初にアイルくんが出てくるんだけど、ギターの方にするサインや話し出しってアドリブだったのね。
26日17時の回、開口一番「外国(ヨーロッパ?)でのサンタは日本でのなまはげと同意義」っていうよくわからないトリビアを披露したのは笑ってしまった。

欲を言えばもっと見たかったな~!
彼が主人公になる空想の物語も見たかった。


・大薮くん
この中では唯一はじめましての人だった。
お名前もこれで知ったのでほんとに無知で申し訳ないんですけど、あっ演技上手いな~いいなぁって思いました。
平田さん主人公のサラリーマンのお話で、主人公の息子(五歳)を演じていてすごく可愛かった。
サンタさんのプレゼントで駄々こねるんだけど、も~それが可愛いんですよね。
大薮くん演じる息子のためならいくらでも奔走するよって感じ。

あと彼が主人公を演じる二話目、嫁と子供が待ってるからっていう男に最初はわがまま言っちゃうんだけど、最後は(配達のバイトサンタを巻き込みながら)笑顔で送り出してあげるっていう姿、切ないけどいじらしかったな。
その次の話(二人の独身男の話)で突然ももクロ歌い出した時はびっくりしたけど。
さすがテニミュ出身者というか、歌上手いな。
そういやこのカンパニー、何気にテニミュ出身者多いな…?


・匠馬さん
推しなので最後に。
最近はいつも主人公を支える立場で舞台に立っていたので、ストーリーテラーの役がある意味新鮮でした。

彼が演じる磯貝の空想という体で3つの物語が繰り広げられるため匠馬さんはほぼ舞台にいるんですけど、他の人たちが演じている間メニュー(台本)に目を落としている姿がすごく似合っているなって思いました。
なんていうか、大人の男って感じで…ってすごく上から目線だな?

ストーリーテラーの他に空想物語に出てくるモブ(店員とか)もやるんだけどすごいコミカルで、磯貝の時は結構静かに語ってる反動もあってか面白かった。
やっぱり演じ分けってすごいな。

匠馬さん、声優やってることもあってか滑舌も良くてとても聞きやすいから、またこういった朗読劇に出てほしいな~。
聞いてて心地いいし。
それにストレス無しで台詞が聞けるひとって本当に貴重な存在だと思う。
それに何より演技が好きだから、また早く舞台での演技が見たいなって改めて思いました。
次は桃山だ~!正直不安だけど!



都合で二回しか観られなかったけど、もう一回観たかったなって思えるとてもいい朗読劇でした。
また朗読劇行ってみたいな~。

お題箱のこたえ

こんばんは。
お題箱ちらちら来てました。何も来ないと思ってたからびっくりした。



◆仕事はサボって趣味はやるの?職場の人からしたら迷惑極まりないですね。そういう人が私の職場にもいますが休職だと人員補完されないのでやめてほしいです。

お題 仕事はサボって趣味はやるの?職場の...

えっすみません、心の病での休職って期間中に趣味とかして心の回復を図るものじゃないんですか!?
それに休職だからって趣味も何もかも休むって、それこそ死の選択肢しか残らなくなるじゃないですか!
休職決まる前にチケット取った舞台くらい行かせてほしいなぁ~。

こちら側としては会社に迷惑かけてるのは重々承知してはいる(からこそいっそ辞めようと思った)んですけど、それって職場にも言ったらどうですかね?
って思ったけど、言ってもどうにもならないからここで言ってるのか。余計なお世話かな。


うつ病で休職とのことでしたが、やっぱり観劇やイベント参加の頻度は落とされますかー?親のすねかじりで実家住まいなら同じ頻度で参加したり推しに貢げそうだけど普通は難しいですよね。悩みます。

お題 うつ病で休職とのことでしたが、やっ...

わたしは実家のすねかじりなんですけど、今既にチケット取っちゃった舞台はとりあえず行くよ~って感じですね。
もう取っちゃったし譲りに出すのもなんかなぁって。
だから、もし推しが新たに舞台出るってなっても一公演頑張って観に行くくらいです。

幸いそんなにイベント参加がない推しなんですけど…これ結局頻度は落とさないってことでいいのかな?
決まってる分だけは行くって頻度落としてることになるの?ちょっと曖昧な答えでごめんなさい。


こんな調子ですが、ゆる~く募集しているのでよければ何かください↓
お題箱

どうか急いで どうか終わらないで

前回のエントリでは失礼しました。
自分でも書いた記憶があんまりない……。

コメントくださった方ありがとうございます。
返信不要とのことだったのでこの場でお礼申し上げます、叱咤激励(と表現させて頂いてよろしいのかしら…)のコメント下さりありがとうございました。

台風で電車が止まっている間に近況を書きます。

推しのこと
ちゃんと推しの舞台、行くことにしました。
夜行バスキャンセルしようかとまで思ったけど、やっぱここで後悔しちゃうとそれこそ死にそうなので。

グッズ情報が出たんですけど、かなり小さいキャパでやるからパンフレットだけかなと思ってたら、くじブロマイドにアクリルキーホルダーまであって正気か?となっています。
アクリルキーホルダーって若手俳優がなるもんだと思ってたんですけど、30代の推しもアクリルになりました。
くじブロマも結構種類あって困るよ……嬉しい悲鳴といえば悲鳴……。


◆身体のこと
なんかずっと徐脈状態(通常60くらいが、50ない状態が続いてる)で、循環器内科に行った方がいいと言われたので紹介状をもらい行きました。
でっかい病院だった…やたらと人が多かった……。

それで、まあ親と行ったんですけど「大したことないっしょ」みたいなノリだったんですよね、「原因わからないのは不安だからわかればいいよね」っていうスタンスで。
そしたらお医者さんから「原因は(心療内科でもらってる)薬以外に考えられない」って言われ、更に「このまま薬を飲み続けるならペースメーカーを入れなければいけない」って半ば脅しをかけられ。
でも飲んでる薬にどう見ても徐脈になる副作用なんてないんですよね。
心療内科行ってるほどの精神状態ですよ?パニックになるよ。

とりあえず翌日に心療内科の予定があったので薬は変えてもらったんだけど、まだ徐脈は続いてる。
来月も一応診てもらうけど、どうなるんだろう。


◆仕事のこと
食べられないまま精神を削って働いてきたけど、ここ最近はパニックも起こしだして本格的にヤバくなってきました。
ということで、うつ病との診断書を書いてもらって休職することになりました。
本当は辞めるつもりだったんだけど、心療内科のお医者さんに「今のあなたは正常な思考を失っているから選択肢を無意識に狭めている、やがて死の選択肢しか無くなってしまうから休もう」と言われた。
ヤバイ……今の自分がこわい……。
いや、まあ死にたいとか言ってたけど、目の前の選択肢が死しか無くなるって恐ろしいよね。


◆その他
最近書くと言えば自分の近況ばかりで推しのこととか舞台のこととかめっきり書けなくなってしまった。
ということで(?)お題箱を作りました。いつも流行に乗り遅れてるぞ!
よければなにかお題?ネタ?を下さい。大体なんでも答えます↓
https://odaibako.net/u/Oryzias_07


ここまで読んでくださってありがとうございました。

舞台で推しを見るのが怖い

こんばんは、お久しぶりです。
バンドのライブに行ったあと、アルコールをほぼ一気に飲み干した勢いでエントリを書くため、少々読みづらいエントリになるかと思います。

以前に鬱だとエントリを書いた気がしますが、わたしは最近更に鬱が加速しているように思います。
また食べられないことで同時に体調不良も加速したせいか、先週は職場で一週間に三度ほどパニックを起こしてしまいました。
今は一週間ほぼお休みを戴いている状態です。
まあ、来週というか明後日から復帰するけども。
それでも鬱は治らない。

死にたい、最近はそう毎日のように考えてしまう。
かといってみんなに迷惑をかけて死ぬなんて出来ないから結局は死なないんだと思う。
それでも、一人でお風呂に入った時なんかは押し潰されそうになって苦しくなって、手っ取り早く楽になりたくて精神安定剤をすべて飲み干したい衝動にかられてしまう。
(一度ODした時に母に告白してしまって、それから駄目だと強く念を押されているけれど、どうしても飲みたくなって仕方ないのです)

普段の気力も無くなってきている。
わたしは元々休みにじっと家にいるのが嫌なタイプで、だからこんな精神状態の時も家でじっとしておらずつい出掛けてしまうのだけど、もう何にも楽しくない。
ウインドウショッピングが好きだったはずなのに、全く楽しめない。
大学に行って後輩たちに会ってみても、懐かしさなんて無くてむしろ疎外感さえ感じてしまった。
後者に関してはそもそも卒業した今は完全に部外者なのであって、疎外感という言葉は合わないのだけど。

一日が過ぎるのが怖い。夜になるのが怖い。明日が来ることが怖い。
薬を沢山飲めば死なずとも、せめて何時間かは死ぬように寝られるだろうと思うけど、前述の通り母に見張られているだろうし残念ながら軽い薬なのできっとそんなに楽にはなれない。
何よりこんな調子でずっと親に心配をかけているのに、これ以上親を悲しませたくない。
無気力で送る毎日が辛い。
きっと、仕事が再開したらもっと辛い。

それでもヲタクというのは不思議なもので、こんな時でも推しの次の舞台が発表された時は「行かないと」とチケットを取ってしまった。
生きる猶予を推しが与えてくれたのだと少しでも思ってしまったから。
ちなみに今日当落発表で、見事12月に東京遠征して行くことになりました。
その月は韓国の推しのイベントもあるため、2回東京へ行くんだろうな。
それまできっとわたしは生きている。
毎日死にたいと思いながら、結局死ぬこともできず死ぬ勇気もないまま惨めに生きている。

実は推しの舞台は今月にもある。もう再来週に迫っている。
こんな精神状態の中、舞台に立つ推しを見てわたしは正常なこころを保っていられるのだろうか?
何よりこんなどす黒いこころで、演技をするきっと誰よりも輝いている推しの姿を目に映す権利がわたしにはあるのだろうか。

明日が来るのが怖い。やがて舞台の日が来てしまうのが怖い。
推しに会うのが、嬉しいのに怖い。
わたしはどうすればいいのだろうか。
そんなもの、答えは自分で見つけられなければいけないのに、何も見ることすらできなくて、ただ希死観念にもがく毎日。

推しのために生きている

こんばんは。ただ茶の間ヲタクの鬱い近況を垂れ流すエントリです。
その前にグループ関係の話ですが、「舞台俳優ヲタク」のグループにも参加させていただくことにしました。
舞台やイベントなどの感想は引き続き「若手俳優について」グループを使わせていただこうと思います。
あと、ついでにブログのタイトルも変更しました。
よろしくお願いします。


乗り遅れた感じはありますがホストちゃん、推しはまあ関係ないところにいるんでそもそも大丈夫なんですけど(若手じゃないし)、まさかのK-POP推しグループのメンバーがいました~!
嘘だろwwwカムバいつするんだよwww
そのせいでそっちのファン界隈は荒れっぱなしだよ!ウケる!ウケないけど!
とりあえず行くにしろ行かないにしろ初めてホスモバに登録してはみました。


最近は職場のストレスが溜まりに溜まってます。
家族が病気で倒れた直後に異動になって、それだけでも結構なストレスだったんだけどそこの中がまあぐちゃぐちゃで…。
立て直したかと思ったら仕事の割り振りが無茶苦茶でストレスの負荷が半端ない。
そのおかげで食欲がなくなって、この2ヶ月で10kg痩せたよ。
ステータス:クソデブが結構デブになったよ。(変わっていない)
最近は毎朝職場に行く前に嘔吐してて、さすがにヤバイと思って心療内科予約した。


フラフラなまま働いているので早く辞めればいいのにって母とかに言われるんだけど、職場がクソなだけで仕事自体は嫌いじゃないんだよ~。
それに推しが出る舞台に行ったりDVDを買ったりするのにお金がいるじゃないですか。一番はそこだよ。
たま~~~~~に死んだら楽かなあと思ったりもするのですが、死んだら推しの姿はこれっぽっちも見られなくなるから。
だからタイトル通り、推しのために生きています。
ただの地方の茶の間だから、お前何様だよと思われるだろうけど。
そして生きる理由とかいう一個人のとはいえ重いものを、推しに押し付けているようでとても申し訳ないのだけど。
それでも、推しを観て「ああ、生きててよかったな」って思ってしまう。
その日のためにわたしは生きてるし、フラフラになりながらも職場に行くんだと思う。


とりあえず俳優の推しが出る来月の朗読劇のチケット、それにKポの推しの接触イベつきBOXも買った。
だから12月までは何とかしてでも生きなきゃって思います。
12月までに次の生きる理由ができていたらいいなあ。
2次元(2.5次元?)の推しのツアーがあるから、そのチケットが取れたらいいんだけど…休みがどうなるかだな。


ということで(?)明日も朝早くからなにも言われずに勝手に割り振られた仕事があるので、それに備えて寝ます。
職場はクソだが推したちは輝く最高なこの世界、おやすみなさい!!!


っていうか、グループ参加して初めてのエントリがこれって大丈夫か。

ヲタクにとって環境は大事という話

実家住みのヲタクって、親の理解がないと難しそうなイメージがある。
遠征が必要な地方は特にそうだと思います。
ということで実家住みのヲタクです。話題に乗っかります。


親になんて伝える? - 推しをちゃんと推せるように


もうバラしてます。
俳優の名前まではバラしてないけど、片方の推しが俳優とか声優やっててもう片方の推しK-POPだよくらいは言ってる。
名前を言っても絶対覚えないしな。


ちなみに親はヲタクごとにかなり理解があります。
自分でもめちゃくちゃ恵まれている環境にいると思う。
ということで簡単に両親の話↓


◆母
・もはや恐れ多すぎてヲタクとは呼べないくらい筋金入りの某作品の大ファン
・会社員時代はヅカヲタで、一作品につき十数公演観たことがあるらしい(果たしてこれは軽い方なのだろうか)


◆父
・色々と趣味が多くて未だに謎
・PC(ネット)系に結構詳しい
・出張やら東京赴任などのおかげである程度東京に詳しい
娘に甘い(重要)


母はヅカヲタのおかげで観劇自体は今でも好きなようなので、たまに誘ったりしています。
今度は関数ドミノ観に行くよ。
劇場も結構知っているので、はじめてのところだと教えてもらったり。

また、昔東京へ遠征したこともあるそうなので遠征への理解があります。
基本的に趣味にお金を惜しまない人なので、この舞台行きたいなーどうしようって言うとまず「後悔したくないなら行くべき」って返ってきます。


父も趣味に関してかなり寛容なので、基本的にとやかく言いません。
リビングにパンフレットを置いてたらいつの間にか読んでることもあるけどね。

父には交通手段の相談に乗ってもらうことが多いので、基本的に遠征時もそうじゃない時もどこに行くか伝えます。
あと社会人ながらなぜかまだ門限が存在していることもあり、どこに出掛けるかとか何時に帰るか、目的を言わなきゃ駄目なんです。
まあ門限って言っても理由を伝えたら延長してくれるガバガバなやつなんですけど。
なので気が楽です。たまに遅いときは迎えに行く!って怒られるんですけど。
でも最寄りまで歩きでも10分もかからないからね。


こんな感じかな。とても楽です。
ナメプすぎて参考にできないくらいなのでは…。
基本的に親が理解があるならヲタ活もしやすいと思います。
もちろん他の環境(仕事や住んでいるところ)も大事だけども…。
私は親の理解・地域まではクリアしてるんですけど何しろ仕事がクソなので、快適かつ円満なヲタクライフを送りたいものですね。